2008/12/30

King Curtis - Memphis Soul Stew

先日、青山蜂での communication!4
たくさんのご来場ありがとうございました。
スタッフ合わせて300人くらい居たみたいですね。

自分としては久々のライブで今年最後に楽しむことができました。
Herbie HancockRe-Edit なども試させてもらいました。


振り返ると、今年は本当に ModalCode の DJ 達に影響を受けた年だと思います。
買うレコードから作る曲まで影響を受け、
ブラックミュージック・「黒い」ということを深く考えさせられました。

自分の活動としては、今年は前半からアナログのリリースや10本以上のライブなど、
表向きな活動をしていましたが、
後半は主に UnderGroove の準備や曲作りなど
内向きな活動に励んでいました。


来年は色々と表に発信していく年にしたいと考えております。
今年も皆さん本当にありがとうございました。
そして来年もよろしくお願いします。



King Curtis - Memphis Soul Stew



King Curtis & The Kingpins
Jerry Jemmott (bass)
Bernard Purdie (drums)
Cornell Dupree (guitar)
Truman Thomas (organ)
Warren Smith (percussions)


この曲をサンプリングした曲も多いようですね。
ARTIST / TITLE 
3RD BASS   JAMMIE
GETO BOYS   GETO SOUL STEW
GETO BOYS   TRIGGA HAPPY NIGGA
TWO KINGS IN A CIPHER  KEMIT-CAL REACTION



来年は 1/4 から ModalCode です。
ゲストは先日の蜂を沸かせていた Scandal a.k.a. Show
是非みなさんお越しください。

2008/12/28

Buari / Buari (dai_matsui)

こんばんは

昨日は年内最後のCommunication!大盛り上がりで最高でした。
今年お世話になった方々この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします!

で早速ですが年明けは一発目から1/4(日)Modal Codeがあるのでよろしくお願いします。

さて今年最後の盤紹介ですが自分にとっての最高の一枚
BuariのアルバムからAdvice from fatherを紹介させてもらいます。
探す事約一年越し
Theo playの影響か最近特に人気あるようで
国内のレコ店は入荷しても即売れで苦労しました。
e-bayでも2回競り負け3回目にてようやくゲット
そんな苦労した甲斐があるくらいこの曲好きです。

ドラムはBernerd purdie参加で最高なafro disco funkが聴けます。
耳に残るベースライン&女性ヴォーカル、シィーとかいうイカツイ鳴りもの、
以前7inchで紹介させてもらったKARAM BANIも収録で
Reuben WilsonGot To Get Your Ownばりのグルーブ感がたまらないです。

他にもdisco soccerというアルバムがあり
この中の12inchカットされてるI'm Readyという曲もベース極太discoでかなりヤバイです。
UKのSUSS'D からのdeep disco cultureってコンピにも入ってます。

それでは皆さんよいお年を!

Advice from father / Buari (RCA 1975)






2008/12/23

Fred Wesley

今週は Fred Wesley です。
JBファミリーでは超有名ですね。

ライブの動画はたくさんありましたが、
スタジオの映像が興味深かったので掲載しました。


Fred Wesley crazy solo



Fred Wesley and RB Funkestra



もちろんサンプリンリングネタも多いです。
ORIGINAL TITLE / ARTIST / TITLE 
A BLOW FOR ME, A TOOT TO YOU  CANDYMAN   1-900-SKYTALK
A BLOW FOR ME, A TOOT TO YOU  DEF JEF   BLACK TO THE FUTURE
A BLOW FOR ME, A TOOT TO YOU  GANG STARR   STEP INTO THE ARENA
A BLOW FOR ME, A TOOT TO YOU  RAW FUSION   HOOCHIFIED FUNK
A BLOW FOR ME, A TOOT TO YOU  SADE  FEEL NO PAIN
BETWEEN TWO SHEETS  DJ QUIK   DEEP
FOUR PLAY  AARON HALL CURIOSITY
FOUR PLAY  BEASTIE BOYS   GET IT TOGETHER
FOUR PLAY  BLACK SHEEP   BUTT IN THE MEANTIME
FOUR PLAY  DIGITAL UNDERGROUND   PACKET MAN
FOUR PLAY  DIGITAL UNDERGROUND   RHYMIN' ON THE FUNK
FOUR PLAY  DJ QUIK   DEEP
FOUR PLAY  GANG STARR   STEP INTO THE ARENA
FOUR PLAY  JAZ  THE ORIGINATORS
FOUR PLAY  NICE & SMOOTH  SKY'S THE LIMIT
FOUR PLAY  PENTHOUSE PLAYERS CLIQUE  FLF
PEACE FUGU  NAS   LIFE WE CHOSE
PEACE FUGU  RAW FUSION   FREAKY NOTE
UP FOR THE DOWN STROKE  NOTORIOUS B.I.G.   MACHINE GUN FUNK



先日、teppei 君も告知していましたが、
久々3~4ヶ月ぶりに青山蜂でライブやります。
2月の1回目以来の出演です。
teppei 君や ikeda さんをはじめ、
我々 Modalcode が毎回参加させてもらってます。
是非みなさん来てください。

communication!4

08.12.27 22:00open door2000/1d
青山蜂

詳細は→communication!4

2008/12/20

Disco Fever/Rare Essence(dai_matsui)

こんばんは

今週もRon hardyクラシックの一枚Disco Feverを紹介させてもらいます。
今皿なんで説明不要かと思いますが
ブリブリベースにMOOG & SEが炸裂する盛り上がるディスコチューンです。

Magick editのネタにもなってましたね
theo,sadar,rahaanもよくplayしてます。

少しバージョンが違
うATLANTIC盤もありますが
自分はこのオリジナルMajor盤の方がMOOG & SE炸裂度が高く好きです。

さて、teppei君も告知してましたが来週は今年最後のCommunication!が@青山蜂であります。
自分はdjはやらないですが蜂の動員記録を更新し続けているビッグパーティで
過去のゲストも大塚さんなど豪華な面子ばかりです。
ジャンルレスに楽しめるパーティなのでお時間ある方
は是非!


Disco Fever/Rare Essence(
78 MAJOR Records)








2008/12/19

communication!4

来週末27日(土)は、modalcodeも深く関わりのある『communication!』@青山蜂です。

modalcodeからはレギュラーとして、
modal代表のYosuke Ikedaと僕teppei、そしてBLIND ORCHESTRAのVJが参加です。
そして今回はmodalcodeのトラックメーカー、了-Ryo-が3Fで久々のライブを行います。

師走のお忙しい時期ですが、
今年最後の踊り納めとして、是非遊びにいらしてください。

尚、今回は事前にご連絡を頂ければディスカウントリストに登録致します。
男性¥1,500(1drink)/女性¥1,500(2drink)です。
お気軽にご連絡下さい♪







communication!4

08.12.27
22:00open
door2000/1d

「人と人がつながる+音と音がつながる」をコンセプトに、
様々なつながりを共有していくパーティー、<communication!>。
3回目となった前回は250人を超える来場者を記録し、
おかげさまで青山蜂の看板パーティーの1つとして認知されるまでとなりました。
このパーティーは、JAZZ,FUNK,HIPHOP,DISCO,HOUSEなど
幅広いジャンルの黒いGROOVEが充満している2Fフロアや、
常に踊り手が絶えない旬なHOUSE,TECHNOを感じることができる3Fフロア、
RARE GROOVEを中心とした温かい音で構成される4Fフロアというように、
各フロアに特有の音が存在しています。

音へのこだわりを持ったレジデントDJ達と、
全てのフロアのVJを担当するBLIND ORCHESTRAが、
青山蜂の今年最後の週末をこれまでにない賑やかな夜にします!!

また、横浜を拠点に各地で精力的に活動しているSAMBAチーム
mocidade vagabundaから、そのフロントマン camaciと
打楽器総監督 mestre sueのユニット LUZのスペシャルライブもあります!!

是非、この特別な週末を<communication!>と共に過ごしましょう!!!

【2ND FLOOR PRODUCED BY】 teppei(an informal party、modalcode)
≪2ND FLOOR'S DJ≫
Yosuke Ikeda/IPPEI/haraguchic/matsuzaki/nnn/comine/goto/teppei
【3RD FLOOR PRODUCED BY】 mon-chuck(an informal party、Electronic Massage)
≪3RD FLOOR'S DJ≫
鎌倉BOYS/了-Ryo-(Live Set)/SCANDAL/kei of dextrax/MRKSK/キャロライン.Sachiko
【4TH FLOOR PRODUCED BY】 nnn(an informal party、summernude)
≪4TH FLOOR'S DJ ≫
rockability/yanfuji/numabooks/mom/KNK/LUZ(Special Live)

【VJ】 BLIND ORCHESTRA

【TOTAL PRODUCED BY】 haraguchic(commnucation!、sweet memories)

2008/12/16

Stanley Clarke

今週は、Stanley Clarke のソロ動画です。

Chick Corea と共に Return To Forever を結成したり、
先日紹介した George Duke と Clarke / Duke Project として活動していました。
Return To Forever も良い映像を集めているので、今後紹介していきます。

あのプライマスも影響を受けたという彼の奏法は、素晴らしいです。


Stanley Clarke upright bass solo




先日も紹介した Steve Gadd との演奏です。

Stanley Clarke Steve Gadd - My Greatest Hits



サンプリングネタもやはり多いですね、少し調べただけですが下に掲載しておきます。

ORIGINAL TITLE / ARTIST / TITLE 
CONCERTO FOR JAZZ/ROCK ORCH. PT2  2PAC  WHEN I GET FREE II
CONCERTO FOR JAZZ/ROCK ORCH. PT2  DJ SHADOW   BEST FOOT FORWARD
CONCERTO FOR JAZZ/ROCK ORCH. PT2  ZION I   HOW MANY
I GOT TO FIND MY OWN PLACE  JAY-Z   BREATHE EASY (LYRICAL EXERCISE)
I WANNA PLAY FOR YOU  CASH CREW  PLAY 4 U
SLOW DANCE  NAS   IT AIN'T HARD TO TELL
SLOW DANCE  SA-RA  ROSEBUDS
SLOW DANCE  TOO SHORT   I AIN'T NUTHIN BUT A DOGG
SPANISH PHASES FOR STRINGS & BASS  DJ MAYONNAISE   DJ'S SHOULDN'T TALK/OZZY RULES
YESTERDAY PRINCESS  ABSTRACT TRIBE UNIQUE   YESTERDAY AND TODAY
YESTERDAY PRINCESS  DJ MAYONNAISE   ONE HUNDRED WORDS
YESTERDAY PRINCESS  LOX   I WANNA THANK YOU
YESTERDAY PRINCESS  MR. COMPLEX   BIG FRONTER

2008/12/15

Modalcode vol.18 Live Mix

11/2 Modalcode vol.18 の Live Mix を配信開始しました。

右上のプレイヤーで自動で再生されます。
毎度ですが次回までの期間限定になります。

現場の雰囲気を少し感じていただけると思いますので
是非、みなさん聴いてください。


Track List:
Koji Kawane
Yosuke Ikeda (Hal's Records)
Dai Matsui
Piro
Teppei  (an informal party)
Yosuke Ikeda & Koji Kawane  Back 2 Back

*順番はシャッフルされます。

2008/12/13

IT'S A MONSTER/CALENDER (dai_matsui)

さて2枚目は今年も師走でカレンダーも残りわずかという事でCALENDERのアルバムから
Comin' On Strongとhypertentionの2曲を紹介させてもらいます。

このグループもマイナーだけに詳細は不明ですが
Comin' On Strongはまたまた古くはRon Hardyクラシックでtheo,marbllなどがplayしてます。
最近はJamie 3:26が正規re-editでもいうのでしょうかw
Partehardy Recordsからre-edit出てます。
尺長くしただけで小細工なしなので自分的にはこっちも好みです、使えます。

でもう一曲のhypertention。(ハイパーテンションってw)
この曲もSpacy Boogieでかっこよいです。
おそらく2曲とも12inchカットはされていないかと

全体的に好内容なのでこのアルバムオススメです。
ちなみに裏ジャケは怪物達のカレンダー仕様なってます。


Comin' On Strong/CALENDER(1976PI KAPPA)







hypertention/CALENDER(1976PI KAPPA)






Liaisons Dangereuses/Liaisons Dangereuses(dai_matsui)

こんばんは

先週の年内最後のModal Code足を運んでくれた方ありがとうございました。
Guest dj の川根君は自分が例えるならmadlibとtheoが合体したような感じ。
それって相当ヤバくないですか?w
もうすぐこのblogにmixが上がるので興味を持たれた方は是非聴いてみて下さい。

さて盤紹介ですが先週抜けてしまったので続けて2枚紹介させてもらいます。

まずはModalにドイツの方が遊び来てくれたので
LIAISONS DANGEREUSES(リエゾン・ダンジェルーズ *ドイツ語読み)の
アルバムからAvant-apres Marsを。
古くはRon Hardy、現在はtheo,sadar,rahaanがヘビープレイなので知ってる方が多いかもですが
あーこの曲探してたとか言う方いたらありがたいです。

アルバム中のLos niños del parqueという曲は12inchカットされてますが
この曲はアルバムオンリーです。

元D.A.F(Deutsch Amerikanische Freundschaft)
ドイッチェ・アメリカ・ニッシェ・フロインドシャフトの
Chris Haas(2004年没)のユニットで81年に残した唯一のアルバムでテクノルーツとして
Kraftwerkまでは知られていないですが同等にリスペクトされてます。
本物感漂ってます。

Kraftwerk好きはもちろんLiquid Liquid,A Certain Ratioとか好きな人もいけるんじゃないでしょうか

ドイツと言えば先日病でドタキャンになったベーチャン見たかったなぁ
blind orchestraの共演だったのに残念。
来年にリスケかな


Avant-apres Mars/Liaisons Dangereuses(1981 chbb music)








2008/12/12

ジャケットの話 其の二



Byron Morris “Blow Thru Your Mind”



突進するベースのリフから切り刻まれるような尖がったピアノが絡んでくる

イントロが鳥肌モノの高速spiritual funk jazz“Kitty Bey”収録の

Byron Morris & Unityの74年リリース2作目。



先日のmodalcodeでも遂に初めて使用することが出来ました。

(非常に取扱い注意なので今まで手を出せなかったのです。。。)


このアルバム、もちろん音もカッコいいですが、

ジャケットもたまりません!(タイトルも最高!!)

このラフなイラスト。


もっこりなロゴがとても愛らしいのですが、

メンバーのアフロが統合され、

でっかい頭の中身がもうメチャクチャです。

音符と人の頭がくっついたり、

人体のパーツが妙にリアルだったり、

ピカソの『ゲルニカ』まで隠されてます!

一方でメンバーの演奏する体や楽器が明らかに手抜き。。。




非常にコレクション価値の高いものですが、

Spiritual Jazz系のアルバムに特に多い

DIY精神満載のジャケットも心を擽るツボをおさえていて、

これまたツイツイ購入してしまうのです。。。

(また、それらは音もイ~んです!!これが。)

2008/12/09

Galt MacDermot

今週は、ジャズ〜ファンク系のピアニスト/コンポーザー
60年代〜70年代のサントラ・ワークでも有名な、
Galt MacDermot(ガルト・マクダーモット)のライブ動画を掲載します。

ドラムの音が良いと思ったら、やっぱり Bernard Purdie が叩いてます。


GALT MACDERMOT - Coffee Cold


GALT MACDERMOT - NPJB BLUES



Galt MacDermot and the New Pulse Jazz Band  at the West Bank Cafe in NYC
Piano:Galt MacDermot
Drums:Bernard "Pretty" Purdie
Bass:Wilbur "Bad" Bascomb
Trumpet:John Frosk
Saxophone:Allen "Wing" Won
Baritone sax:Patience Higgins
Trombone:Vince MacDermot

O.S.T. (GALT MACDERMOT) - COTTON COMES TO HARLEM

サンプリングネタも数多く、少し調べただけですが下に掲載しておきます。

ORIGINAL TITLE / ARTIST / TITLE 
BEDROOM / BEATNUTS / UNCIVILIZED
BLACK ENOUGH / DIAMOND SHELL / SAME OL' SONG
COFFEE COLD / HANDSOME BOY MODELING SCHOOL / THE TRUTH
COFFEE COLD / GANG STARR / WERDZ FROM THE GHETTO CHILD
COTTON COMES TO HARLEM / 9TH WONDER & BUCKSHOT / SHININ' Y'ALL
GOLDEN APPLES PART 2 / J DILLA (JAY DEE) / MASH
HARLEM MEDLEY / MASTA ACE / WHO U JACKIN'
HARLEM MEDLEY / QUASIMOTO / DISCIPLINE '99
NO STRINGS ATTATCHED / DE LA SOUL / CHANGE IN SPEAK
RIPPED OPEN BY METAL EXPLOSIONS / ARTIFACTS / C'MON WIT DA GIT DOWN
RIPPED OPEN BY METAL EXPLOSIONS / PUBLIC ENEMY / I
RIPPED OPEN BY METAL EXPLOSIONS / THIRSTIN HOWL III / BROOKLYN HARD ROCK
SPACE / BUSTA RHYMES / WOO HAH!
SPACE / FAITH EVANS / I JUST CAN'T HELP
STOCKYARD / NINE / FA'EVA BLUNTED
STOCKYARD / QUASIMOTO / RETURN OF THE LOOP DIGGA
WHERE DO I GO? / PETE ROCK & CL SMOOTH / CAN'T FRONT ON ME
WHERE DO I GO? / RUN-DMC / DOWN WITH THE KING

2008/12/02

Herbie Hancock

今週は先日 Matsui さんも紹介した、Herbie Hancock の動画を紹介します。

今回はかなりマニアックな動画で申し訳ないですが、
興味深い部分があるので紹介させてください。
Herbie はライブの動画も集めていますので、今後掲載していきます。


この動画では、
Fairlight (フェアライト) という、世界最古と思われるサンプラーを演奏しています。
1980年の当時は1000万以上したとか、坂本龍一やアート・オブ・ノイズが使ってたとか、
逸話は色々とある機材です。

1本目は子供番組で、まず子供の声をサンプリングして、
低くしたり高くしたりして子供達を喜ばしています。

最後の1分だけですが、恐らく内蔵音源で作ったベースとドラムのループの上で、
Herbie がまた音源内蔵と思われるエレピを弾いています。
これが、とにかく良いです。
この音・フレーズ共に、反応する人は多いんじゃないでしょうか。
是非見てください。
そしてこの映像の詳細が分かる方は連絡ください。

Herbie Hancock Demonstrates the Fairlight on Sesame Street





2本目は、Herbie Hancock と Quincy Jones が Fairlight で遊んでいます。

Herbie Hancock and Quincy Jones jams with his Fairlight CMI