2009/12/14

12/26 (sat) communication! vol.8 @ 青山蜂
















今月26日は、久々に UnderGroove が Live させてもらいます!

毎回300人近い集客の大盛況イベント、 「communication」 に参加します。
2Fはいつもの Modalcode のメンバーに加えて、ゲストは大塚広子さん。
さらに3Fのゲストには pool から SHIBATA さんと、非常に豪華なパーティーになっています。

是非皆さんお越しください!!



12/26 (sat) communication! vol.8 @ 青山蜂

open 22:00   door 2,000 / 1drink  


【GUEST LIVE】 
UnderGroove


【GUEST DJ】
DJ SHIBATA(pool、探心音)
大塚広子(CHAMP、Key Of Life+)


【2F】
UnderGroove / 大塚広子 / Yosuke Ikeda / teppei / KAMAKURA BOYS / KawaneKouji /
PIRO / matsuzaki / haraguchic /


【3F】
DJ SHIBATA / dextrax / SCANDAL / mon-chuck / MRKSK / goto / キャロライン.Sachiko


【4F】
yanfuji/ぬまたまご部長/rockability/町田町子/nnn/numabooks/comine/mom/KNK


【VJ】
BLIND ORCHESTRA




■DJ SHIBATA (pool、探心音)
10代半ばの頃バンド活動でDrumsを担当、流れでTechno黎明期に
ダンスミュージックの世界に足を踏み入れDJ活動を開始。カルチャーのルーツへさかのぼり、House~Garage~LoftとNYスタイルの王道にのめり込む。と同時に
日本そして東京という環境をフルに活用しあらゆる音楽・スタイル・価値観を吸収し、
自分の感覚でそれらをフロアに落とし込むことに意味を見い出す。
現在は、10年目を迎えた青山LOOP第2土曜のレジデンシー“pool”と
渋谷KOARAの第4金曜“探心音”を中心に、
青山OATHでの“THE OATH”第1・第3金曜や渋谷MODULEでの“UNTOUCHABLE”など
様々なパーティーで活動するほか、
ラジオ渋谷FM78.4MHzでのミックスショー“DEEP BLUE”も好評を得ている。
活動開始当初からのDeep HouseやClassicsとTechnoをクロスオーバーさせたスタイルに、
自身のルーツであるオルタナティヴな感覚を惜しみなく注ぎ込む最近のプレイは
ニュージェネレーションにも多いに受け入れられ活動の場を広げている。



DJ 大塚広子 (CHAMP,Key Of Life+)
Jazzを切り口としながらもジャンル、年代を超えたBLACKNESSと、
繊細かつ大胆なプレイ、そして徹底した掘りで、多くの音楽好きを唸らせ話題をさらっている。
音楽雑誌「GROOVE」「remix」などでのレコード紹介はじめ、
海外雑誌での取材、「ジャズ批評」での執筆でも活躍。
また、waxpoetics japanオフィシャルBLOGでの連載も開始。
現在は渋谷、The Roomにて第四金曜日不動の人気イベント“CHAMP”のDJを務め、
都内各所、日本中の様々なパーティーにてゲストオファーが絶えない。
そのワンアンドオンリーな「黒いJAZZのグルーヴ」は全国的に高い評価を得ている。
カレー好き。

waxpoetics japan オフィシャルBLOG  



UnderGroove (Rain's-Image Records)
2006年 Rain's-Image Records の了-Ryo-と英-Hide-を中心に結成。
DrumにYushi Mori、GuiterにDragonを迎え、 生バンド+サンプリングのスタイルで、
粗いダンスミュージックをテーマにDisco Funkなどを中心に楽曲制作を行う。
自分達でReEditも行い、独特のスタイルで、現代の東京を切り取った様々な
サウンドを展開している。

2007年 12月 1st 12inch「Sunset Yellow.EP」発売。
2010年 2月 1st Album 「Circle」発売予定。


■DJ YOSUKE IKEDA (ModalCode)
西新宿にある老舗のジャズ専門店 HAL'S RECORDを運営し、
レコード・スマッグラーとして培われた豊富な知識に加え、
古今東西に点在する新たなクリエイションをも視野に入れた幅広い見識の持ち主。
ブラック・ミュージックを主軸としながらも、ロックのフィールドから古典派ジャズ~近代音楽の
全方位までモーラし、そして何より無類のデトロイト・テクノ・フリークでもある。
ホームである新宿での多角的ブラック・ミュージック・パーティー“ModalCode”主催の他、
Rain’s Imageレコードから自身のエディット作品もドロップ。
都内各所のダンスフロアめがけてイーブン・キックと共に最新の選曲思想を放ち続けている!!!


Live Mix vol.28

前々回 10/4 Modalcode vol.28 の Live mix をアップしました。

右のプレイヤーにて自動再生されます。
期間限定ですが、是非聴いてみて下さい。

[Guest DJs]
Kawane Kouji
Masa

[Resident DJs]
Yosuke Ikeda (Hal's Record)
Ota
Dai Matsui
Piro
Teppei (an informal party)

2009/10/30

Live Mix vol.27

前々回 9/6 Modalcode vol.27 の Live mix をアップしました。

右のプレイヤーにて自動再生されます。
期間限定ですが、是非聴いてみて下さい。

[Guest DJs]

Wang-Gung (VOID/Luv&Dub NAKANO)
Tommy (Technique)



[Resident DJs]

Yosuke Ikeda (Hal's Record)
Ota
Dai Matsui
Piro
teppei (an informal party)

2009/09/30

10/4 (sun) Modalcode Vol.28



Kawane Kouji
『MONUMENT FOR NOTHING』
Release Party



Shinjuku OTO
16:00 - 22:00   2,000/1D (w/f 1,500/1D)



[Guest DJs]

Kawane Kouji
Masa

[Resident DJs]
Yosuke Ikeda (Hal's Record)
Ota
Dai Matsui
Piro
Teppei (an informal party)

[VJ]
Blind Orchestra




Kawane Kouji
『MONUMENT FOR NOTHING』

Guinness-Records
Jetset Records
disk union



“西海岸のStones Throwを拠点に活動を繰り広げるJames PantsやDam Funkの活躍により
数々のエレクトロニック・ミュージックへ再評価が高まる中、
謎の新レーベルSIMULACREより登場となるは、彼らと共鳴するかのように
独自のエレクトロニクス解釈を唱えるDJ Kawane,Koujiによる
エレクトロ・ヒップホップ/オールドスクールを中心にミックスした作品
「MONUMENT FOR NOTHING」が待望のリリース!”

謎が謎を呼ぶシミュラクル・レーベル第1弾はDJ Kawane,KoujiによるMIX作品
「Monument For Nothing」が登場!
これぞバンバータ的視座を感じさせる、アメイジング・セレクション。
マカロニ・ウェスタンとエレクトロニクスのアマルガム
(For A Few Dollers More/Material)、
サイバネスティックにリアレンジされた名曲(Peter Gunn/The Art Of Noise)、
アンプリファイドされたリズムマシーンが鼓膜を貫通する(The Smurf/Tyrone Brunson)。
あらゆるエレメントは量子化され、
トランスポーズされた(Whimsical Touch / M.C.Miker "G" & Deejay Sven)。
追い打ちをかけるトーキング・モジュレーション(Broken Glass / George Duke)。
浮かれた時代に量産された産業廃棄物をターンテーブル上でデコンストラクション。
DIY精神溢れるセルフ・デュプリケイトCD-R。
ゼロ年代終盤、これぞ新たな潮流を感じさせるユニークな選盤。
奥行きを一切持たない書割りの風景にリスナーは一体何を見るのか!?
既存のMIX-CDに飽きた方にオススメ。推薦盤です!

+++Kawane,Kouji Profile+++
慣習に縛られない脱領域的なプレイスタイルを信条とする。ゼロ年代終盤、
新たな視座を獲得すべくあらゆる角度からDJプレイを模索/実践。
ダンスフロアを意識ながらも、結果を顧みない選盤を武器に都内各所で活動中。

レギュラー・パーティー:Memoly Lane @渋谷BALL 隔月第2金曜
DJブッキング&インフォメーション:simulacre01@gmail.com


2009/09/22

Modalcode vol.26 Live Mix

前々回 8/2 Modalcode vol.26 2nd Anniversary
の Live mix を配信開始しました。

右のプレイヤーにて自動再生されます。
期間限定ですが、是非聴いてみて下さい。



水師裕 (Sweet Memories)

Matsuzaki

UMEDA

Ota

Dai Matsui

Piro

ZAKIM (DISC-O-TECH / SOUL KITCHEN)

teppei (an informal party)

Peace and Rhythm / Idris Muhammad (dai_matsui)

Rhythm/Idris Muhammad(71'prestige)



さて最後は名ドラマーIdris MuhammadのprestigeからのアルバムPeace and Rhythmから

定番名曲らしいので紹介するまでもないと
言われてしまそうですが大好きなので紹介させ下さい。

Hotel Alyssaみたいにバシャーンてドラが鳴って始まり
エレピ〜からサックス最後まで飽きさせない
とにかく恐ろしくかっこいいラテンジャズファンクです。

ずっとどっかで聴いた事あるなと思ってたら
富士通のCMに流れてる曲と頭のフレーズが一緒でしたw

GOIN' UP IN SMOKE / LARRY HART-HART & SOUL (dai_matsui)

GOIN' UP IN SMOKE/LARRY HART-HART & SOUL(?? genesis record)


三枚目はGOIN' UP IN SMOKEのカバーです。
最近のMOTONのやつにre-editが入ってますね。

アルバムもハートと蝶のスワロスキーで女子ウケしそうなジャケがよいんですが
この曲がメインなので12inchオススメです。

トビシンセがうまくハマったナイスカバーでかっこよいです。

let's start dancin'(disco version) / THE D.I.T Band (dai_matsui)

let's start dancin'(disco version)/THE D.I.T Band(80' evergreen)



さて二枚目は

マイナーボルチモア産ブギーd.i.t bandの12inchを紹介します。

当時500枚のみの現地プレスで売り切れとなったそうなんですが
何年か前にSTILL MUSICからalexが7inchつなげたre-edit出してましたね

なので7inchの存在はまだ知られている方かもしれませんが
この12inchはあまり知られていないかもです。
両面がつながってるんだけなんですがw


マイナーなんですがめちゃ完成度高くて80年制作のブギーとは思えない
土着ぽい質感でとにかくかっこいいです。
メジャー物と比較しても勝るとも劣らないかと
是非聴いてみて下さい!

sadarの盟友lee collinsもmixに入れてました。

2009/09/21

DANCE OF SURVIVAL / EDWIN BIRDSONG (dai_matsui)

DANCE OF SURVIVAL / EDWIN BIRDSONG (75' bamboo records)




POSSESSED (TAKE THE EVIL SPIRITS AWAY) (75' bamboo records)





こんばんは
だいぶ涼しくなりましたね〜食欲の秋ですね
レコ欲もいっこうにおさまりません

さて今週はまずはEDWIN BIRDSONGのアルバムを紹介します。

roy ayesと活動を共にしていたことが有名で
主にアレンジャーとしてroy ayesの作品にも数多く参加してます。
名曲runnnig awayも彼との共作ですからうーんすばらしい

そんな彼がインディーレーベルに残したアルバムなんですが
これが非常に危ないアルバムに仕上がってます。
全体的に実験的でエフェクト&シンセが多用された真っ黒ズブズブ感にはハメられます。
75年にこんなことやってんのもすごいなぁと

ユニオンのレビューには売れるはずのない傑作と書いてありウケてしまいましたw

2009/08/31

ROY BROOKS 『Ethnic Expressions』 (teppei)




Deep Jazz Reality の次回作、遂に来ました!!

ROY BROOKS & THE ARTISTIC TRUTHE
thnic Expressions / Live At Small's Paradise N.Y.C.

オリジナル¥10万の超レアspiritual jazzの最高峰、遂に再発決定です。
しかも今回はナントCD/LP同時リリース!CD化は勿論世界初です。

大塚広子さんの3枚目のMIX「a new peace 3」に収録され、初めて聞いた方も多いはず。

LIVE録音だけに“LIVE録音”な音質ではあったはずですが、
今回の再発でどんな音に仕上がるか楽しみです♪
今から首を長~くして待ちましょう!!
P-Vine (PCD-93298)
2,300円 (税込 2,415円)
2009年11月5日発売予定
監修/解説 : 尾川雄介

以下リリース・インフォメーションから

スピリチュアル・ジャズ・シーン最後の秘宝、ついにそのヴェールが明らかになる!
レア度、スピリチュアル度、黒ジャズ度、全てが最高峰と呼ばれる究極のライヴ・アルバムが
ついに世界初CD化!
デトロイトが誇るドラマー、ロイ・ブルックスが残した壮絶なブラックネスを放つ一枚が甦る!

★50年代から活動している黒人ドラマー、ロイ・ブルックス。 
60年代初頭のホレス・シルヴァー・コンボを皮切りに、スタンリー・タレンティン、ユセフ・ラティーフ、
チャールズ・ミンガスなどのバンドに参加、
05年に没するまで常にシーンの第一線を支えてきた
筋金入りの職人肌アーティスト。
地元デトロイトのTribeのマーカス・ベルグレイヴや
ウェンデン・ハリソンのアルバムにも参加するほか、

名高いマックス・ローチのM’boomプロジェクトにも加わっている。
リーダー作としてもMuseに残した『The Free Slave』はスピリチュアルな名盤として有名。

★70年代前半に自身が率いたグループ、ジ・アーティスティック・トゥルース名義での作品となると、
日本のBaystateに残した『Live at Town Hall』('74)が知られているが、
Im-Hotepという
超マイナー・レーベルに残されたこのアルバムは
73年11月、NYCでのライヴを収録した、
質、濃度ともにBaystate盤を軽く凌駕する一枚。

★参加メンツもレジー・ワークマン(b)、オル・ダラ(tp)、ジョー・ボナー(p)、
セシル・ブリッジウォーター(tp)、
ソニー・フォーチュン(as)ら錚々たるブラック・ミュージシャンを従え、
2曲ではエディー・ジェファーソンもヴォーカルで加わるという充実度。

★まさにブラック・スピリチュアル・ジャズの真の凄味が凝縮されたような生々しい内容は、
冒頭の「M’Jumbe」から炸裂する。 密林の奥から届くような呪術的なビートと金管楽器の咆哮、

やがて来たる祝祭のジャズ・ファンク・ビート。
ジェファーソンが歌う「Eboness」はディープなアフロ・ジャズ。
やがて「Eboness (Kwanza)」へと変移し、 ブラック・ローズ嬢のスポークン・ワードをバックにドープな
ファンクネスが露呈されていく。 ややこもり気味の録音状態は万全とは言い難いが、

収録内容がそれをカヴァーして余りある崇高な一夜の記録。



2009/08/16

TRANSFUSION/Les DeMerle (dai_matsui)

Bacchanal/Les DeMerle(Dobre 77')



さてもう一枚紹介させてもらいます。

ドラムブレイクが有名な今更な一枚ではありますが大好きなので紹介させて下さい。

この人のドラムは太くてファンキーでロックぽいとこもありとにかくブチ上げてくれますw
レアグルーヴA to Zにはroy porter,bernard purdieと並ぶ
レアグルーヴ界三大ドラマーの一人と書いてありました。

ドラムネタが有名なMoondialは今となっては興味がないんですが
Bacchanalがラテンフレイバーなクロスオーバーフュージョンでかっこいいんですよ。
まさにTransfusionトバされます。
先程のpaunettoにも通じる物がありますね。

この他にもCONCERTS BY THE SEAっていうライブアルバムがあるんですが
これがまためちゃヤバイです。
あともう一枚ライブアルバムが出てるらしいので
それがで聴いてみたくて探してるんですが
いっこうに見つかりません。カッコいいのかな〜
(dai_matsui)

PAUNETTO'S POINT/Bobby Paunetto (dai_matsui)

Fenway Funk/Bobby Paunetto(PATHFINDER 75')



こんばんは

暑いですね〜例年に比べると今年は夏が短いような気がしてます。
夏と言えばスティールパン、ヴァイブなんですかね〜

ヴァイブ奏者と言えばroy ayrs ,billy wooten,booby hutcherson,milt jackson,gary burton
などなどすばらしい方達がいますがそんなレジェンド達と肩をならべてもおかしくない
Bobby paunettoの作品を紹介したいと思います。

NYのディープルンバ、ラテン系のアンダーグランドで活動していた方でその流れか
American clave 〜kip hanrahan好きな方達へオススメされていることが多く
ラテンといっても一筋縄じゃない感じがコアな音楽好きな人達へオススメできると思います。
(dai_matsui)

2009/08/11

Modalcode vol.25 Live Mix



前回 8/2 Modalcode vol.26 2nd Anniversary に、
たくさんご来場いただきまして、ありがとうございました。

ゲスト陣と来場者の方々のおかげで、
2周年を盛り上がって迎えることができました。
本当にありがとうございました。
当日の Live Mix は後日アップします。

前々回 7/5 Modalcode vol.25 の Live Mix を配信開始しました。

右下のプレイヤーにて自動再生されます。
期間限定ですが、是非聴いてみて下さい。



Track List:

Ota
Dai Matsui
Piro
Teppei  (an informal party)



2009/08/02

8/2 (Sun) 2nd Anniversary




Modalcode Vol.26 2nd Anniversary

8/2 (Sun)  @ Shinjuku OTO
16:00 - 22:00   2,000/1D (w/f 1,500/1D)



[Guest DJs]


水師裕 (Sweet Memories)

Matsuzaki

UMEDA



[Resident DJs]

Yosuke Ikeda (Hal's Record)

Ota

Dai Matsui

Piro

了-Ryo-
(UnderGroove)

ZAKIM (DISC-O-TECH / SOUL KITCHEN)

teppei (an informal party)


[VJ]

Blind Orchestra

2009/07/30

ALAN SILVA来日

続いてなんとALAN SILVA(b)の来日も決定です!!
「ジャズの十月革命」の渦中にいた生き証人が20数年振りの来日だそうです。
Celestrial Communication Orchestra(CCO)『Luna Surface』を
Hal's Recordで聞かされてブットンだ記憶があります。
フリー系アーティストと数多く共演しておりますが、
所謂ブロッツマン系の硬質なフリーサウンドとは若干音の質が違う、
矢張り独特な音質を抱えたアーティストだと思います。



今回は日本人アーティストと多数共演。
僕はスーパーデラックスに見に行く予定です。
(スペース的に広すぎず、アーティストとの距離も近いのでオススメです!)

「アラン・シルヴァ&ザ・セレスティアル・コミュニケーション・オーケストラ2009」
日時: 2009年8月26日(水) 27日(木) 開場18:00 開演19:00
会場: 六本木 スーパー・デラックス
出演: アラン・シルヴァ(conduction, syn) 田村夏樹(tp) 辰巳光英(tp) 古池寿浩(tb)
坂田明(as, cl) 梅津和時(as, cl) 川嶋哲郎(ts/26日のみ) 川下直広(ts/ 27日のみ)
吉田隆一(bs) 高岡大祐tuba/ 26日のみ) 関島岳郎(tuba/ 26日のみ)
太田恵資(vln/27日のみ) ジム・オルーク(g) 谷川卓生(g) 八木美知依 (20絃箏、17絃箏)
藤井郷子(p) 井野信義 (b) トッド・ニコルソン(b) 小山彰太(ds) 山本達久(ds/26日のみ)
本田珠也(ds/27日のみ)
詳しくは:http://www.super-deluxe.com/


また、アラン・シルヴァは小山彰太(ds)、谷川卓生(g)とのトリオで下記ツアーも行う。
8月29日のエアジンのみ、ヒグチケイコ(voice)が参加してカルテットでのライブとなる。


アラン・シルヴァ・ジャパン・トリオ
アラン・シルヴァ(b, syn)、小山彰太ds)、谷川卓生(g)、ヒグチケイコ(voice/ 29日のみ)
8月21日(金) 千葉 キャンディ
8月22日(土) 東京 アサヒ・アートスクエア(Contemporary Improvised Music Festival 2009) 
8月23日(日) 長野 キャンバス
8月24日(月) 京都 アバンギルド
8月29日(土) 横浜 エアジン
詳しくは:http://pca.nmbbm.jp/~takuo/home.htm

Contemporary Improvised Music Festival 2009
日時:8月22日(土)開場15:30 開演16:00
場所:アサヒ・アートスクエア
料金:大人3000円 中高生1000円 小学生以下無料 (1ドリンク付)
出演:アラン・シルヴァ・ジャパン・トリオ[アラン・シルヴァ(b, syn) 小山彰太(ds) 谷川卓生(g)]
ステファン・フソング (accordion) 八木美知依(箏)&本田珠也(ds) 巻上公一(vo, theremin)
齋藤徹(cb)&今井和雄(g) 太田真紀(soprano)
詳しくは:http://pca.nmbbm.jp/~takuo/CIMF2009.html



今年は1月のチャールストリバー ビッグバンド(w/スタンリーカウエル、ビリーハーパーetc)に
始まり、 7月のファラオサンダースなど、来日ラッシュです♪


http://www.youtube.com/watch_popup?v=1c3eNz0C4bM






CHARLIE HADEN来日

白人ながらも最も黒い音を奏でる孤高のベーシスト、

CHARLIE HADEN



個人的にも最も好きなベーシストです。



Don Cherry(tp)、Ed Blackwell(dr)と共に、

Ornette Colemanが発掘した黄金カルテットのメンバー。

Keith JarrettやPat Methenyとの共演でECMレーベル等にも複数の作品を残したり、

自信もCarla Bley等と組んだLiberation Music Orchestraを率いるなど、

50年代(当時10代)から精力的な活動を続けている。



彼の音はLMOのような大編成の時も、スタンダードな曲の時も、デュオ作品の時でも、

叙情的なメロディラインを奏で、それがまた黒いっ!

全く独特で唯一無二なベーシストだと思います。



そんな彼が9月にBLUENOTEにて2days、

カルテットにて来日が決まりました。

http://www.bluenote.co.jp/jp/sp/090907.html



僕は早速チケット購入済みです。

http://www.youtube.com/watch_popup?v=lYzlgETvKaY#t=338

http://www.youtube.com/watch_popup?v=mJGY-LV1fZ8#t=49

2009/07/29

8/2 (Sun) Modalcode 2nd Anniversary





気がつけば、我々 Modalcode も、もう2年が経ちました。
長かったようで短いなかで、レジデント DJ 達と
出演していただいた、のべ約40人のゲスト DJ 達と
毎月ブラックミュージックを繋いでいきました。

回を増すごとに、意義のある素晴らしいパーティーだと感じています。
本当にありがとうございました。

これからも、古今東西のブラックミュージックをキーワードに
まだまだ進んでいきます。
2nd Anniversary 是非お越しください。

in the Circulations of BLACK MUSIC !!




Modalcode Vol.26 2nd Anniversary

8/2 (Sun)  @ Shinjuku OTO
16:00 - 22:00   2,000/1D (w/f 1,500/1D)



[Guest DJs]


水師裕 (Sweet Memories)

Matsuzaki

UMEDA



[Resident DJs]

Yosuke Ikeda (Hal's Record)

Ota

Dai Matsui

Piro

了-Ryo-
(UnderGroove)

ZAKIM (DISC-O-TECH / SOUL KITCHEN)

teppei (an informal party)


[VJ]

Blind Orchestra







2009/07/27

It's in your blood/Linda hopkins (dai_matsui)

It's in your blood/Linda hopkins (columbia 77')



さてもう一枚

マイナーディスコ Linda hopkins の It's in your blood です。
この曲は sadar,rahaan の mix 聴いてる方にはにはお馴染みですよね
やたら登場するんでw

随分前に神保町のレコ屋で100円箱から救出した一枚なんですが
こないだオークションで結構な値段がついてたのでビックリしました。

ドス黒ベースラインにドス黒ヴォーカルが絡むガラージディスコでかっこいいです。



2009/07/26

Brotherson/OJEDA PENN(dai_matsui)

こんばんは

金曜はマドラウンジ遊びにきてくれた方ありがとうございました。
六本木ヒルズ52Fということだけあって眺め&エロさは抜群ですね。

最初は場違いな感じかとやや焦りましたが
DJ中にバーテンの方がテキーラおごってくれたのでやりたい放題楽しめました。
懲りずにまたやりたいですw



brotherson/OJEDA PENN(IFE records 80')




happy people/OJEDA PENN(IFE records 80')





さて今週はまずマイナー盤の OJEDA PENN のアルバム Happiness から
2曲紹介させてもらいます、Brotherson はブリブリベースに
ハンドクラップとストリングスが気持ちいいメロウディスコブギーで
P&P 好きな方とかにもオススメで、
happy people は theo が bozman サイトの mix でイントロのピアノ部分だけ使ってます。
マイナー盤にしては音圧もあってめちゃ音いいです。



2009/07/12

San salvadar/Azoto (dai_matsui)

San salvadar/Azoto(Vedette records 79')


San salvadar(inst)/Azoto(Vedette records 79')




さてもう一枚

こちらはイタロディスコ定番の一曲です。
assoのdon't stopと肩はるくらい好きな一曲です。

you tubeにプロモぽい映像が上がってるんですがドラッグクゥイーン
みたいな方達がド派手な衣装で登場して踊ってますw。笑えますw
映像見たら引くかもですが曲はめちゃかっこいいです。

instがいろんなブートで出回ってて自分も最初はinstばっかかけてたんですが
最近はヴォーカル入りが気に入ってますw

ヴォーカル&inst両方聴いてみて下さい。


Micro wave boogie/Skip jackson&the natural experience (dai_matsui)

Micro wave boogie/Skip jackson&the natural experience(Catamount records ??)



こんばんは

今週はマイナーディスコのSkip jacksonの12inchを紹介させてもらいます。

マイナーと言ってもkon&amirがre-edit出したりmuro氏のplay、
先日来日時にもsadarもかけてたりともうおなじみかもですが。

マイコーウエーヴ〜♪の怪しいヴォーカルにシンセが絡む変態ブギーディスコで
めちゃカッコいいです、知らなかった方は是非聴いてみて下さい!

マイコーと言えば先日逝ってしまったマイケルジャクソンですが
アメリカではプレスリー以上に国民アイドルになったとか言ってました‥r.i.p


2009/07/05

Modalcode vol.25


  7/5 (Sun) @ Shinjuku OTO


  16:00 - 22:00

  2,000/1D (w/f 1,500/1D)



  MAP


【Guest DJ】
mon-chuck


【Resident DJs】

Ota
Dai Matsui
Piro
teppei (an informal party)




6/7 Modalcode vol.24 の Live Mix を配信開始しました。

右下のプレイヤーにて自動再生されます。
また期間限定ですが、是非聴いてみて下さい。


Track List:

ryo of dextrax

Yosuke Ikeda (Hal's Records)
Ota
Dai Matsui
Piro
Teppei  (an informal party)


2009/07/04

「シン黒すぎるニシティー」第一弾

先日は青山蜂の communication! お疲れ様でした。
300人超が盛り上がる中、我が Modalcode の イケダさんが最高のDJをしてました。

そのイケダさんが本日名古屋でDJします。 
お近くの方は是非!!


  

2009年 7月4日(土)
「シン黒すぎるニシティー」第一弾
OUT RECORD 



DJ 大塚広子 (Otsuka Hiroko)

2004年に初MIXCD "A New Peace"をリリース。
2007年、音楽プロダクションkey of life+を立ち上げ"A New Peace 2"を発表。

DJとして提示する踊る楽しさと、オリジナルな音源追求が呼び起こす繊細かつ
大胆なプレイには、誰もが感動を覚え、
「黒いJAZZグルーヴ」には全国的にも高い評価を得ている。

現在は渋谷、桜ヶ丘にあるTheRoomにて第四金曜日不動の人気イベント「CHAMP」、
motion blue 横浜、代官山 unitにて6000人以上の総動員数を誇る
「afrontier」のレギュラーDJを務め、
盛岡、福島、郡山、名古屋、京都、神戸、岡山、広島など
日本中の様々なパーティーに出演、精力的に活動中。

http://www.djotsuka.com/index.html


DJ YOSUKE IKEDA (Modal Code)

西新宿にある老舗のジャズ専門店 HAL’S RECORDを運営し、
レコード・スマッグラーとして培われた豊富な知識に加え、
古今東西に点在する新たなクリエイションをも視野に入れた幅広い見識の持ち主。
ブラック・ミュージックを主軸としながらも、
ロックのフィールドから古典派ジャズ~近代音楽の全方位まで網羅し、
そして何より無類のデトロイト・テクノ・フリークでもある。
ホームである新宿での多角的ブラック・ミュージック・パーティー「Modalcode」主催の他、
Rain’s Imageレコードから自身のエディット作品もドロップ。
都内各所のダンスフロアめがけて
イーブン・キックと共に最新の選曲思想を放ち続けている!!!

YOSUKE IKEDA MYSPACE ▶ www.myspace.com/yrir

Modal Code BLOG ▶ http://www.modalcode.com/



DJ Sanshiro a.k.a toughGuy (Brankett)

大阪の様々なクラブ、ラウンジ、FM802のイベントなどでDJを行う。
また自身のインターネットラジオを配信し、全方面に独自の感性を発射。
新鋭現在系のサウンドをとりこみつつ、
すでにtoughGuy色となる独自のジャンルレスな旧譜レコードを材料に、
毎回サプライズなプレイスタイルでフロアを圧巻させる、関西のディガー。
日本のデトロイトになるべくして繰り広げられている
大阪のパーティ「Brankett」のレギュラーDJとして、過去DJ Rahaan等を招致し、
また東京、滋賀、京都、神戸でのゲストとしても活動。

Brazilian,Africanな感触でDub,Techno,new wave,rock,Minimal Musicをも
ミックスする独自の放出術は唯一無二。



Brankett HP ▶ http://brankett.web.fc2.com/

Deep Dance Music BLOG ▶ http://soundofmusic2000.seesaa.net/



DJ Kesix & L-Pinchoebeck(Qromatie)

共に名古屋在住。偶数月第一金曜に、
くそもっこり系特濃黒蜜パーティ「Qromatie」@Domina、活力薬膳バー、OneLuvoにて
毎月最終土曜日に「Genius Baka Bomg」、
また、J-Dillaの命日に行われる Dilla Music Onlyの追悼パーティ
「Dilla Night]等を主催。


2009/06/29

Just a little timing / Maryann Farra & The Satin Soul (dai_matsui)

さてもう一枚

Maryann Farra & The Satin Soulのアルバムからの一曲Just a little timingを紹介します。

タイトル曲のNever Gonna Leave Youや、chi-litesのカバーStoned out of my mindなど
tom moultonがmixしてるだけにアルバム通して完成度高いんですがよくかけるのがこの曲。

先に上げた2曲は7inchが切られてますがこの曲は恐らくアルバムのみの収録かと思います。
ガラージよりのdiscoなんですが下が太くて高揚感ある展開にもってかれるんですよ〜
EQアイソ使いが楽しい一曲でもあります。

Just a little timing/Maryann Farra & The Satin Soul(Brunswick 75')




2009/06/28

brown rice / don cherry (dai_matsui)

こんばんは

さて今週はdon cherryのアルバムから2曲紹介させてもらいます。
異端児的なところがまたかっこいいドン様ですね
娘さんのNeneh CherryのBuffalo stance昔聴いてました。

それはさて置き池田君がトランぺッターには
変態が多いと言っていたんですがその言葉が当てはまる作品です。
modalcodeでもスピリチュアル番長teppei君がよくかけてます。


民族的な曲調にチキターチキターって呪術的な声が危ない
brown rice、サンプルソースとしても有名ですね

degi degiはクロスオーバーなフュージョンで
こちらもめちゃ渋いです。


brown rice/don cherry (EMI 76')


degi degi/don cherry (EMI 76')



2009/06/22

アナログレコード売上 前年比50%アップ





http://latimesblogs.latimes.com/music_blog/2009/06/vinyl-sales-to-hit-another-high-point-in-2009.html


先日、あるレコード店のブログで
レコードに関する興味深いニュースを知りましたので、
お知らせします。

マーケット調査会社ニールセンによると、
2009年度のアメリカでのアナログレコードの総売上は、
前年比で約50%アップとのことです。

アメリカでこの1月から5月の5ヶ月間の売上枚数は、280万枚で、
前年が190万枚だったので、正確には147%になります。

この数字の受け止め方は、みなさん様々だと思います。
この数字に中古の売買が含まれるのかも分かりません。

最近はオークションでの個人取引も盛んですが、
さすがにその数字は含まれていないでしょう。

ただ最近は再発も多くなってきましたし、
リリースされるタイトル数そのものが非常に多いと感じています。
日本に入ってきていないレコードもきっと多いでしょう。



2009/06/14

everybody party (get down) / the firebolts (dai_matsui)

さて続けてラスト3枚目はマイナーな一枚the fireboltsを紹介します。

マイナーだけに詳細は不明ですが少し前にkon&amirがre-editで12inch出してました。
でもそれがめちゃ音がよくないです。原盤池田君がかけてて音よくてびっくりしました。
恐らくオリジナルはこの7inchだけかと。
それはともかくkon&amirが取り上げるのも納得のかっこいいブギーディスコです。

聴いてみて下さい!


everybody party(get down)/the firebolts(greenback records ??)



soul on your side / rhythm makers (dai_matsui)

さて更新空いてしまったので今週は3枚紹介させてもらいます!

続けて2枚目

またまたryoがつい最近取り上げていたrhythm makersのアルバムから2曲。
何かなめられがちな彼らですがこのアルバムやっぱかっこいいです。

zoneは12inchが激レアアイテムで知られる定番曲ですが
ちょっと前にバルデリもmixの頭でも使ってました、
やっぱこの曲ベースラインとスペーシーな展開にヤラレます。

タイトル曲にもなってるsoul on your sideはtrus'meがアルバムの中の曲で
モロ使いしてました、こちらも◎

zone/rhythm makers(76' vigor records)




soul on your side/rhythm makers (76' vigor records)


O.S.T.「COFFY」 / roy ayers (dai_matsui)

こんばんは

今週はryoも先日のライブを見に行って最高だったと紹介していた
roy ayersの作品からサントラ盤を紹介します。

レアグルーヴ昔から聴いてる人には今更な一曲なのかもしれませんが
このサントラの一曲目coffy is the colorがsweet tears似のかっこいいジャズファンクで
theoとかsadar,rahann好きな方には相性ぴったりくるんではないかと。
ジャケもかっこいいです。


coffy is the color/roy ayers(73' polydor)


2009/06/12

ROLAND TB-303 TR-808 TR-909



  



音楽好きでも、シンセとかの機材は全く知らない。
でも MPC と上の3つだけは知ってる、 という人も多いんじゃないでしょうか。

ROLAND  TB-303  TR-808  TR-909

ダンスミュージックでは欠かすことのできない、
シンセベースとドラムマシンです。
他にも有名なシンセやドラムマシンはたくさんありますが、
この3つは飛び抜けて有名ですね。

その音楽への貢献度とインパクトは素晴らしく、
House や Techno はもちろん、HipHop まで。
打ち込みの世界では、関わってないジャンルは無いんじゃないでしょうか。

一時期は、似たような音の機材が様々なメーカーから発表されたり、
PC 上のソフトでモデリングすることが流行っていましたが、
今は少し落ち着いて、最近はまたハードそのものへ人気が回避している印象です。

この3つの機材を、
手軽にオンライン上で操作ができる Hobnox というサイトを
先日リンクに追加しました。

他にもエフェクターなど色々あって、かなりマニアックですが
わりと使いやすい作りです。
興味ある方は、是非遊んでみてください。


RECO-PLAY.COM




先日リンクに追加した RECO-PLAY.COM を紹介します。

このサイトは日本では数人しか居ないレコードカッティングエンジニアの
酒井和郎さんが関わる、アナログをメインにした情報サイトです。

今までも興味深い記事がたくさんあります。

・どうして溝と針で音が出ますか?
・レコードの録音レベルはどう決めている?
・線速度-内周の音が悪いのはどうして?

こういったアナログの情報は、日本ではなかなか表に出てきませんよね。
興味のある方は是非。



2009/06/10

Alpha Recording System




先日リンクに追加した Alpha Recording System を紹介します。

DJ の人であればご存知の方も多いと思いますが、
以前 Wax Poetics Japan にも掲載されていた、
DJ 機器メーカーです。

ミキサー・アイソレーター・イコライザーの動画を見つけたので掲載します。

alphamusique のオンラインショップでは、
他にも DBメーター・電源ディストリビューター・フォノイコライザーや、
Urei や Bozak などのヴィンテージ物や、
最強のモニターと言われ続ける musikelectronic geithain まで扱う
こだわりぶりです。










GQ / The Rhythm Makers



先日の Modalcode Vol.24 皆さんお集まりいただき、
ありがとうございました。

当日の LiveMix はまた数日後にアップします。

松井さんがかけてた Rhythm Makers が印象的でした。
動画を探しましたが、見つかりませんでしたので、
後進の GQ のライブ動画を掲載します。


GQ / Disco Nights



GQ


2009/06/06

Roy Ayers



ご無沙汰してます。

先日、久々にライブを見てきました。

Wax Poetics Japan & Contrarede Presents
ROY AYERS Japan Tour 2009


年も感じさせず力強く、
最高のパフォーマンスを見せてくれました。


彼の曲をサンプリングしてできた曲は、少し調べただけでも100曲以上。
Roy Ayers

かなり古いものですが、動画を見付けたので載せておきます。

Roy Ayers / Running Away



Roy Ayers VS Clyde Gassaway / Vibe Battle




明日の日曜日は Modalcode です、とうとう24回目。
ゲストは以前も出演してくれた Dextrax の ryo 君。
是非みなさん遊びに来てください。


2009/05/17

piano/henri pierre noel(dai_matsui)

さてもう一枚

カナダのマイナー盤をhenri pierre noelのアルバムから2曲紹介させてもらいます。
disketteはブギーなリズムにピアノが乗るキラートラックです。
theo,sadarとか好きな方には間違いないかと!
simbiはmuro氏とkon&amirのコンピにも収録されてました。

でこの人アルバム2枚出ているんですがこれが2枚とも◎
今回はセカンドアルバムになるんですが
ファーストのone more stepもヤバイです。
近いうちに紹介します!

diskette/henri pierre noel(Reveal ??')




simbi/henri pierre noel(Reveal ??')

2009/05/11

Jeanie Tracy/Sing Your Own Song(dai_matsui)

こんばんわ

sadar行ってきました!
いや〜やられました、theo初めて聴いた時以来の黒い衝撃。

一貫して上げまくるplayには本当圧巻

とにかく最高でした!

ざっと記憶している中でplayしていた曲を書きますと

2009 5/5 Sadar Bahar playlist
- MAINLINE - @ Champagne House


azymuth/Melo Dos Dois Bicudos
manfredo fest/jungle kitchin
tuner bros/running in the rain
sun ra /ufo
carlos garnett/Let This Melody Ring on
Pink Champagne/he's Back Gonna Do It Again
steve marshall/maintain
terry lewis/disco city
harry shuman /under water
brain storm/We're On Our Way Home
bohannon/zulu
Silver, Platinum And Gold/I Got A Thing
La Pregunta/Chameleon
queen yahna/ain't it time
clyde alexander/got to get your love
jeanie tracy/sing your own song


青字は過去にこのblogで紹介している盤なので
興味ある方は聴いてみて下さい!


さて今週はそんなsadarのplaylistの中からの一枚を紹介させてもらいます。

古くから
ゴスペルシンガーとして活動している人みたいなんですが
この曲は何とpatrick cowleyがプロデュースに加わっている異色な組み合わせ!?

曲自体はpatrick cowleyでも変態な感じではないですが
変拍子にサビが耳に残る完成度の高い80'サウンドに仕上がってます。


sadarも歌いながらかけてましたw


jeanie tracy/sing your own song(Megatone records 84')










2009/04/26

Got to find a disco/Love Exchange (dai_matsui)

さてもう一枚

マイナーdiscoのLove Exchangeの12inchを紹介します。
Let's Get Togetherが有名なPam todd&Love Exchangeの
片割れ娘達のdiscoダンサーな一曲です。

昔はこの辺りのdiscoは自分的にはむしろ苦手で
恥ずかしさと紙一重だったんですが
theo,sadar,rahaanが見事に克服させてくれましたw

中低音の効いた中でかかると本当やばいんですよこれがw

Got to find a disco/Love Exchange(Dance disk records 78')

Hotel Sheets/Jack Ashford(dai_matsui)

こんばんわ

今週はJack Ashfordのアルバムからタイトルの一曲Hotel Sheetsを紹介します。
下敷きを曲げると出る変な音!?
みたいな変なSEが特徴的な曲なんですが
ファンキーブギーでかっこいいです。

sadarがYou tubeのlive動画でplayしてました。

12inchもプロモオンリーかと思いますが出てるんですがe-bayでは200$オーバーでした。

この人もデトロイトの人らしくJack Ashford&The sound of detroitなるユニットで
活動してたこともあるみたいです。

sadarといえばGWについに来日!!!
いやー本当に楽しみですよ今から

Hotel Sheets/Jack Ashford(Magic disc records 77')

2009/04/23

Modalcode vol.22 Live Mix



4/5 Modalcode vol.22 の Live Mix を配信開始しました。

右下のプレイヤーにて自動再生されます。
毎度ですが次回までの期間限定です。


Track List:

kitami (北見兄弟レコード)
Yosuke Ikeda (Hal's Records)
Dai Matsui
Piro
Zakim  (Soul Kitchen)
Teppei  (an informal party)


*順番はシャッフルされます。


2009/04/05

Modalcode Vol.22

Modalcode Vol.22

16:00 - 22:00
2,000/1D (w/f \1,500/1D)


【Guest DJ】
kitami (北見兄弟レコード)
4/5 (Sun) @ Shinjuku OTO

【Resident DJs】
Yosuke Ikeda (Hal's Record)
Dai Matsui
Piro
teppei (an informal party)
Zakim


2009/04/04

Wheel me out/Was (not was)(dai_matsui)



Wheel me out/Was (not was)(Island 80')


こんばんは

先週はCommunication!に遊びに来ていただいた方ありがとうございました。
高橋透さんのDJも聴けて最高でした。

さて、今週はその高橋透さんがplayしていて自分的に上がった
Was (not was)のWheel me outを紹介させてもらいます。

このWas (not was)もデトロイト産で
先週のmixed bagもそうでなんですが、
デトロイトのアーティストって今も昔もジャンル関係なく
本当個性が強くてかっこいいなと改めて思いました。

明日はModal Codeがあるので
お時間ある方は是非遊びにきて下さい!

ゲストはリリースも控えているトラックメーカー
北見さん(北見兄弟)オールド、ミドルなhiphopをクィックで
playするそうなので楽しみです。




2009/03/25

Buster Williams

今週は、BUSTER WILLIAMS の動画です。
HERBIE HANCOCK とのバンドで、よく演奏していたベーシストです。

BUSTER WILLIAMS - PINNACLE










特にトライブやDE LA SOULのサンプリングネタで有名ですね。

PINNACLE: DE LA SOUL
THE HUMP: A TRIBE CALLED QUEST / MR. INCOGNITO
THE HUMP: FUGEES / NAPPY HEADS (REMIX)
THE HUMP: PEOPLE UNDER THE STAIRS / ZIGNAFLYINBLOW
VIBRATIONS: ARTIFACTS / WHAT GOES ON?
VIBRATIONS: BIG L / PUT IT ON



2009/03/22

Mixed Bag's First Album/Mixed Bug (dai_matsui)

こんばんは

今週はTribeからリリースされたMixed Bugのアルバムから2曲紹介させてもらいます。

前から欲しかったアルバムなんですが
今回ジャケなしのため格安にてゲット、
ジャケも最高なので画像もwebから拾ってきました。

今更かもですがEddie Russがいた事で有名なデトロイト産のバンドで
Tribeということでドスピリチュアルを期待されてる方には物足りないかもですが
これがいい意味で期待を裏切る内容で激渋なジャズファンクフュージョンを聴けます。

是非聴いてみて下さい!

New Moon/Mixed Bug (76' Tribe)


Shark/Mixed Bug (76' Tribe)


あと今来週28(土)は数々のパーティを主催する
原口君のイベントCommunication!に参加させてもらいます。

今回300人越えするかもとかいわれてるくらい毎回すごい盛り上がりで
ゲストもゴッドファーザーこと高橋透さんと豪華です。

VJには最近メジャーな仕事もこなす奇才Blind Orchestra、
DjにはModalのゲストに来てくれたkawane君、鎌倉boys、dextraxなどこれまた豪華で
Modal Codeからは池田君、teppei君、自分が参加させてもらいます。
お時間ある方は是非遊びにきて下さい!


3/28(土)
青山蜂
open 22:00~
2000/1d

2009/03/19

Al Foster

今週は、Al Foster の動画です。

以前、松井さんが、al foster band / night of the wolf
を紹介していた、マイルスのバンドで有名なドラマーです。







2009/03/15

Same/Guem et Zaka Percussion (dai_matsui)

こんばんは
今週はフランスのパーカッショングループ
Guem et Zaka Percussionのアルバムからの曲を紹介させてもらいます。

リーダーの黒人Guem、白人の5人組からなるパーカッション隊で
今も現役でやってるみたいなんですが
とにかくリーダーのGuemパーカッションが超絶でめちゃカッコいいです。
You tubeにいくつかLIVE動画が上がってるので気になった方は是非見てみて下さい!

過去に6作品アルバムが出ていて
このアルバムはセカンドになるんですが
前にTheoがGroove誌でHenrick Schwartzから
教えてもらって気に入ったとこのアルバムをリコメンドしてました。
ファンキーからスピリチュアルまで
Sabu martinez、Sahib Shihabとか好きな方には間違いないかと。

African Tango/Guem et Zaka Percussion(78' Le Chant du monde)



あと前回3/1Modal Codeのplay list上げてみました。
上がってるmixはmiles〜Cricco casterriまでです。
よかったら聴いてみて下さい!

Beggin'(Pilooski edit)/Frankie Valli & The 4 Seasons
Ufo/Esg
See the light/Eddie Russ
Spanish key/Miles Davis
Shorty rides again/Eddie Harris&Les McCann
Ain't it funky/James brown
Can you feel it(Chuck D mix)/Mr. Fingers
Black Thoughts/Reggie dogs
Life has changed/Cricco casterri
Luna party/Black cock
In and out/Wille hutch
Moon Struck/Malone&Barns
Sambandrea Swing/Les Demerle
Turbulence/Eddie Harris

Modalcode vol.21 Live Mix

3/1 Modalcode vol.21 の Live Mix を配信開始しました。

右下のプレイヤーにて自動再生されます。
毎度ですが次回までの期間限定です。


Track List:

Tetsuo a.k.a kamelife
Ota
Yosuke Ikeda (Hal's Records)
Dai Matsui
了-Ryo- (UnderGroove)
Teppei  (an informal party)


*順番はシャッフルされます。


2009/03/10

Return to Forever & The Headhunters 2



今週は、先週掲載した Return to Forever と The Headhunters の共演の、
後半の3つの動画を掲載します。

1974 Chicago, IL @ PBS Soundstage








2009/03/08

Soul disco/Tony Aiken&Future 2000 (dai_matsui)

2枚目はマイナー盤Tony Aiken&Future 2000の12inchです。

Soul disco/Tony Aiken&Future 2000(Shyrlden Records 76')


A面Better daysがアルバムUnity sing it shout itからのカットなんですが
こちらも先程のMilton Wright同様アルバムに未収録のパターンです。

アルバム収録のUnityもレゲエディスコぽい曲で
渋かっこいいんですがフロア受けはこのSoul discoの方かなと。
Windy C似のガヤにムーグとホーンが上げてくれます。
両方聴いてみて下さい!

Unity/Tony Aiken&Future 2000(Kimsha ?)



マイナーだけに詳細は知らなかったんですが
レアグルーブA to Zにプロデュースでパトリックアダムスが
絡んでたと書いてありました。

Ooh,ooh,ooh I like it/Milton Wright (dai_matsui)

こんばんは

先週のModal CodeはBlind Orchestraタジフの誕生日も兼ねて盛り上がりました。
遊びに来ていただいた方ありがとうございました。

さて、今週は先週抜けたので2枚紹介させてもらいます。

まずはKeep it upが有名なMilton Wrightの12inchです。

Ooh,ooh,ooh I like it/Milton Wright(T.K 76')

Alstonからこの組み合わせで7inchが出ていますが
12inchはT.KからのみなのでAlstonはT.K傘下なのでこの12inchも
オリジナルになるんでしょうかね

ファーストFriends and Buddiesに収録のBrothers and Sistersのカップリングで
アルバムには未収録なんですがアルバムの曲とも引けを取らない完成度です。
ノリのいいファンキーソウルでMilton Wrightの渋いヴォーカルに上がります。

最近JazzmanがセカンドSpaced再発しましたね。
ちなみにオリジナルがユニオンで13万越えで売ってましたw
欲しいレコード尽きないなぁ

2009/03/06

Return to Forever & The Headhunters



先日、Modalcode にたくさんお集まりいただき、
ありがとうございました。
久々の Live でしたが、無事に楽しませてもらいました。

LiveMix は、いつものように準備できたらアップします。


今週の動画は Return to Forever と The Headhunters の共演です。
それぞれの動画は良く見つかりますが、共演している動画は
これしか見たことがありません。
この頃の The Headhunters は、いつみても素晴らしいです。

今週は前半の3つの動画を掲載します。

1974 Chicago, IL @ PBS Soundstage




2009/02/26

3/1はModalCode @ Otoです。&ディスク紹介

3月1日はModalCode当日になります。
上にも書いてありますが、こんなラインナップになります。

ModalCode
3/1(sun) Shinjuku OTO
16:00-22:00
Door:2000(w/f:1500)

[Guest DJ]
Tetsuo(a.k.a. Kamelife)
[Live]
了 - Ryo -(Undergroove)
[Resident DJs]
Yosuke Ikeda
Dai Matsui
teppei
Ota
[VJ]
Blind Orchestra

強力なゲストも呼んで、若干高揚ぎみなメンバーを見に是非遊びにきてみて下さい。
 
さてせっかくなんで1曲ピックアップ。
今回紹介するのはなかなか興味深い音楽性を持つグループです。Ornette Colemanとの活動などで60年代からその名が知られるようになったポケット・トランペット奏者Don Cherryはご存知でしょうか?
この人はツアーなどでヨーロッパに赴くうちに、そのままスウェーデンのストックホルムへ定住することになります。そのことがヨーロッパ、特に北欧のジャズに大きな影響を与えるとこになりますが、
本人も同じ程度に刺激を受けたのだと予想されます…そんな枕でとりあえずこの曲を聴いてみて下さい。


Archimeds Badker / Badidoom





無国籍ロック?多国籍ファンク?奇妙ですが面白いサウンドだと思います。
実はここにはDon Cherry入ってません(笑)。ここでのポイントは以下です。
 
[70年頃からヨーロッパで元祖ワールド・ミュージックとも言えそうな、フォーク・ミュージック(=民俗音楽。吉田拓郎とかの「フォーク」ではなく。)と結びついた傾向を持つジャズが色んな場所で生まれてきた、その一つの例としてのスウェーデンのグループ、それもDon Cherryとの相互影響がかなりあった]

というところになります。

この演奏しているグループに言及してみます。
名前はArchimeds Badkar。Bengt Berger, Christer Bothen, Per Tjernberg, Tommy Adolfssonなどスウェーデンのミュージシャンを中心に構成され、様々な民俗音楽、ミニマリズム、フリージャズ、サイケ・ロック、現代音楽などを貪欲に吸収して自己の音楽性を拡大させていったグループです。どの程度のレベルで各国の民俗音楽を採取していったかは定かではないですが、メンバーにはジャズとの関わりはほとんどないフォーク・ミュージシャンもいるので本物志向だったとは言えると思います。

この曲はCD化もされている『Tre』から。



『3』という意味です。正しく3枚目のアルバム。国内盤ではJim O’roukeがライナーを担当(違ったかな?推薦文だったかな?)、大絶賛しています。彼らの2ndアルバム -『Tre』のCD化の際にも数曲収録 -で聴ける弦楽器のミニマルなフレーズはSonic Youthにも強い影響を与えています。というかまんまパクられています。

彼らとDon Cherryとの直接的な繋がりは、73年録音Don Cherry名義の『Eternal Now』と、80年代に入ってからのArchimedes Badkerの発展グループと言えるBitter Funeral Beer Band名義のもので聴けます。前者は『Tibet』というタイトルでアナログ再発、後者は未発表ライブが先ごろCDでリリースされ入手も容易なので是非試してみてください。Bitter Funeral~のyoutube画像もあるので貼ってみます。あ、ここにもDon Cherry居ないや(笑)。CDには参加しているので安心して下さい。




長すぎると嫌がられますのでここまでで。
この辺りの人脈がどういう音楽をどういう変遷で実践していったか?という点は個人的にとても興味を持っていますし、こういった音楽の背景には様々な要素がありますので、次回以降にも話を繋げていきたいと思います。

2009/02/24

YouTubeチャンネル

次回 Modalcode が今度の日曜日の3/1にせまっています。
出演者は上に記載してあるとおりです。
是非、皆さんお越しください。

今日は、Modalcode で YouTube にチャンネルを作りましたので報告します。
http://www.youtube.com/user/ModalCode

今はまだ、80個ほど動画が上がっているだけですが、
今後もっと増やしていく予定です。
是非ご覧ください。


チャンネル作成を期に、このページの右上にリンクを作りました。

・Profile
Modalcode のプロフィールです。

・Email 
Modalcode 宛てのメールリンクです。(クリックするとメーラーが立ち上がります)
    
・Modalcode YouTube 
今回お知らせした、Modalcode の YouTube チャンネルへのリンクです。 
    
・Modalcode MySpace 
Modalcode の MySpace アカウントへのリンクです。
出演者やゲストのアカウントも多いです。

・Rain's-Image Records 
Rain's-Image Records 公式HPへのリンクです。

・Dance Music Record
日本を代表するレコードショップ Dance Music Record 内の
Rain's-Image Records の販売ページへのリンクです。     

・Juno Records
UK最大のオンラインショップ Juno Records 内の
Rain's-Image Records の販売ページへのリンクです。  


2009/02/22

PAGLIACCI/MAYNARD FERGUSON (dai_matsui)

こんばんは

今週はMAYNARD FERGUSON の12inchを紹介させてもらいます。

この曲はBob Jamesプロデュースの『Primal Scream』というアルバムに収録されていて
このアルバムの中で一番好きな曲です。
パーカスRalph Macdonald,サックスJoe Farrellが参加してます。
ロッキーのテーマとかスタートレックのテーマとかやっている人なので
映画音楽ぽいですが熱いジャズフュージョンでかっこいいです。

水野晴郎が連想されますw

だいぶ前ですがJoeがre-edit出してましたね。

この間ダンサーのイベントに顔出した時にハウスのダンサーが
この曲で踊っててかっこよかったです。


PAGLIACCI/MAYNARD FERGUSON(Columbia 76')




2009/02/18

Vinyl Record (Press/Shop/Conention/Collection)

こんばんわ
今週は趣向を変えて、ライブなどの動画ではなく、
レコードそのものに関する動画を集めてみました。

海外のプレス工場・ショップ・コンベンション・コレクターなどの動画です。

MONTREAL RECORD CONVENTION 2008


Amoeba Music


fabrication de vinyls



Goldmine Rare Records


Record Show


Records Collection


2009/02/15

Magic mandrake/Sarr Band(dai matsui)

こんばんは

今週はマイナーディスコの一枚Sarr bandの12inchを紹介させてもらいます。

この曲はsadarやrahaanのmixでよく耳にして気に入った一曲です。
Jisco musicからrahaanのre-editも出てます。

マイナーものだけに詳細は不明ですが恐らくカナダ盤がオリジナルとされいるらしいので
カナダのバンドなのでしょう。

太めのボトムにホーン&シンセとコーラスが癖になるスペーシーブギーでかっこいいです。


Magic mandrake/Sarr Band(Calender Music 78')





2009/02/12

Modalcode vol.20 Live Mix

2/1 Modalcode vol.20 の Live Mix を配信開始しました。

右上のプレイヤーにて自動再生されます。
毎度ですが次回までの期間限定です。


Track List:

Ota
Yosuke Ikeda (Hal's Records)
Dai Matsui
Piro
Zakim  (soul kitchen)
Teppei  (an informal party)


*順番はシャッフルされます。


2009/02/10

Alan Hawkshaw / The Mohawks / KPM


今日は Alan Hawkshaw の動画です。
最近も再発された The Mohawks / The Champ のオルガンで有名な鍵盤走者です。


ヨーロッパの放送局用(著作権フリー)の
ライブラリー音源で有名な KPM にも多数関わっていて、これも最近再発された The Big Beat 等、彼の作品は特に人気がありますね。


その KPM のメンバーが集まってライブをした
KPM Allstars Night の映像を2曲紹介します。

演奏も撮影も、かなりユルイですが、
会場の楽しい雰囲気が伝わってきます。



KPM Allstars / The Champ


KPM Allstars / Dave Allen at large



・The Mohawks / THE CHAMP
少し調べただけですが、45曲もサンプリングされています。

BIG DADDY KANE  /  SMOOTH OPERATOR
CHUBB ROCK  /  KEEP IT STREET
COLDCUT  /  MORE BEATS AND PIECES
D.O.C.  /  LEND ME AN EAR
DE LA SOUL  /  KEEPIN' THE FAITH
DILATED PEOPLES  /  STRENGTH
DJ SHADOW  /  ENTROPY
DOUBLE XX POSSE  /  ON A MISSION
EPMD  /  BIG PAYBACK (REMIX)
ERIC B & RAKIM  /  ERIC B IS PRESIDENT
ERICK SERMON  /  STAY REAL (REMIX)
EVERLAST  /  SYNDICATE (REMIX)
FU-SCHNICKENS  /  LA SCHMOOVE
FUNKY DL  /  LAST NIGHT ATL REMIX
GRANDMASTER FLASH,MELLE MEL&FURIOUS FIVE  /  FUSION BEATS
GUY  /  GROOVE ME
HARMONY  /  YOUR LOVE AIN'T RIGHT
INI KAMOZE  /  HERE COMES THE HOT STEPPER
J LIVE  /  DYNAMITE
J LIVE  /  VAMPIRE HUNTER
JAZZY JEFF & FRESH PRINCE  /  GROOVE
KEITH MURRAY  /  GET LIFTED
KERO ONE  /  MUSICAL JOURNEY

KEV-E-KEV & AK-B  /  KEEP ON DOIN'
KING T  /  AT YOUR OWN RISK (REMIX)
KRS-ONE  /  STEP INTO A WORLD
LIVE HUMAN  /  QUICK ELEVEN
LOOPTROOP  /  FOUR ELEMENTS
LORD FINESSE  /  RETURN OF THE FUNKY MAN
LOW PROFILE  /  ALADDIN'S ON A RAMPAGE
MAESTRO FRESH WES  /  LET YOUR BACKBONE SLIDE
MAIN SOURCE  /  LARGE PROFESSOR
MC DON & EZ ED  /  PARTY ROCKER
MC HAMMER  /  PUMP IT UP
MISTRESS & DJ MADAME E  /  HYPERGROOVE
NICE & SMOOTH  /  NO BONES (REMIX)
ORIGINAL CONCEPT  /  CAN U FEEL IT?
PRINCE PAUL  /  PRINCE PAUL VS. THE WORLD
REDMAN  /  DA FUNK
STEADY B  /  BELIEVE ME DAS BAD (REMIX)
STETSASONIC  /  MIAMI BASS
STOP THE VIOLENCE  /  SELF-DESTRUCTION
T LA ROCK  /  IT'S YOURS
TKA  /  MARIA
TREY LEWD  /  HOODLUMS HOO RIDE