2009/09/30

10/4 (sun) Modalcode Vol.28



Kawane Kouji
『MONUMENT FOR NOTHING』
Release Party



Shinjuku OTO
16:00 - 22:00   2,000/1D (w/f 1,500/1D)



[Guest DJs]

Kawane Kouji
Masa

[Resident DJs]
Yosuke Ikeda (Hal's Record)
Ota
Dai Matsui
Piro
Teppei (an informal party)

[VJ]
Blind Orchestra




Kawane Kouji
『MONUMENT FOR NOTHING』

Guinness-Records
Jetset Records
disk union



“西海岸のStones Throwを拠点に活動を繰り広げるJames PantsやDam Funkの活躍により
数々のエレクトロニック・ミュージックへ再評価が高まる中、
謎の新レーベルSIMULACREより登場となるは、彼らと共鳴するかのように
独自のエレクトロニクス解釈を唱えるDJ Kawane,Koujiによる
エレクトロ・ヒップホップ/オールドスクールを中心にミックスした作品
「MONUMENT FOR NOTHING」が待望のリリース!”

謎が謎を呼ぶシミュラクル・レーベル第1弾はDJ Kawane,KoujiによるMIX作品
「Monument For Nothing」が登場!
これぞバンバータ的視座を感じさせる、アメイジング・セレクション。
マカロニ・ウェスタンとエレクトロニクスのアマルガム
(For A Few Dollers More/Material)、
サイバネスティックにリアレンジされた名曲(Peter Gunn/The Art Of Noise)、
アンプリファイドされたリズムマシーンが鼓膜を貫通する(The Smurf/Tyrone Brunson)。
あらゆるエレメントは量子化され、
トランスポーズされた(Whimsical Touch / M.C.Miker "G" & Deejay Sven)。
追い打ちをかけるトーキング・モジュレーション(Broken Glass / George Duke)。
浮かれた時代に量産された産業廃棄物をターンテーブル上でデコンストラクション。
DIY精神溢れるセルフ・デュプリケイトCD-R。
ゼロ年代終盤、これぞ新たな潮流を感じさせるユニークな選盤。
奥行きを一切持たない書割りの風景にリスナーは一体何を見るのか!?
既存のMIX-CDに飽きた方にオススメ。推薦盤です!

+++Kawane,Kouji Profile+++
慣習に縛られない脱領域的なプレイスタイルを信条とする。ゼロ年代終盤、
新たな視座を獲得すべくあらゆる角度からDJプレイを模索/実践。
ダンスフロアを意識ながらも、結果を顧みない選盤を武器に都内各所で活動中。

レギュラー・パーティー:Memoly Lane @渋谷BALL 隔月第2金曜
DJブッキング&インフォメーション:simulacre01@gmail.com


0 件のコメント:

コメントを投稿