2009/08/31

ROY BROOKS 『Ethnic Expressions』 (teppei)




Deep Jazz Reality の次回作、遂に来ました!!

ROY BROOKS & THE ARTISTIC TRUTHE
thnic Expressions / Live At Small's Paradise N.Y.C.

オリジナル¥10万の超レアspiritual jazzの最高峰、遂に再発決定です。
しかも今回はナントCD/LP同時リリース!CD化は勿論世界初です。

大塚広子さんの3枚目のMIX「a new peace 3」に収録され、初めて聞いた方も多いはず。

LIVE録音だけに“LIVE録音”な音質ではあったはずですが、
今回の再発でどんな音に仕上がるか楽しみです♪
今から首を長~くして待ちましょう!!
P-Vine (PCD-93298)
2,300円 (税込 2,415円)
2009年11月5日発売予定
監修/解説 : 尾川雄介

以下リリース・インフォメーションから

スピリチュアル・ジャズ・シーン最後の秘宝、ついにそのヴェールが明らかになる!
レア度、スピリチュアル度、黒ジャズ度、全てが最高峰と呼ばれる究極のライヴ・アルバムが
ついに世界初CD化!
デトロイトが誇るドラマー、ロイ・ブルックスが残した壮絶なブラックネスを放つ一枚が甦る!

★50年代から活動している黒人ドラマー、ロイ・ブルックス。 
60年代初頭のホレス・シルヴァー・コンボを皮切りに、スタンリー・タレンティン、ユセフ・ラティーフ、
チャールズ・ミンガスなどのバンドに参加、
05年に没するまで常にシーンの第一線を支えてきた
筋金入りの職人肌アーティスト。
地元デトロイトのTribeのマーカス・ベルグレイヴや
ウェンデン・ハリソンのアルバムにも参加するほか、

名高いマックス・ローチのM’boomプロジェクトにも加わっている。
リーダー作としてもMuseに残した『The Free Slave』はスピリチュアルな名盤として有名。

★70年代前半に自身が率いたグループ、ジ・アーティスティック・トゥルース名義での作品となると、
日本のBaystateに残した『Live at Town Hall』('74)が知られているが、
Im-Hotepという
超マイナー・レーベルに残されたこのアルバムは
73年11月、NYCでのライヴを収録した、
質、濃度ともにBaystate盤を軽く凌駕する一枚。

★参加メンツもレジー・ワークマン(b)、オル・ダラ(tp)、ジョー・ボナー(p)、
セシル・ブリッジウォーター(tp)、
ソニー・フォーチュン(as)ら錚々たるブラック・ミュージシャンを従え、
2曲ではエディー・ジェファーソンもヴォーカルで加わるという充実度。

★まさにブラック・スピリチュアル・ジャズの真の凄味が凝縮されたような生々しい内容は、
冒頭の「M’Jumbe」から炸裂する。 密林の奥から届くような呪術的なビートと金管楽器の咆哮、

やがて来たる祝祭のジャズ・ファンク・ビート。
ジェファーソンが歌う「Eboness」はディープなアフロ・ジャズ。
やがて「Eboness (Kwanza)」へと変移し、 ブラック・ローズ嬢のスポークン・ワードをバックにドープな
ファンクネスが露呈されていく。 ややこもり気味の録音状態は万全とは言い難いが、

収録内容がそれをカヴァーして余りある崇高な一夜の記録。



2009/08/16

TRANSFUSION/Les DeMerle (dai_matsui)

Bacchanal/Les DeMerle(Dobre 77')



さてもう一枚紹介させてもらいます。

ドラムブレイクが有名な今更な一枚ではありますが大好きなので紹介させて下さい。

この人のドラムは太くてファンキーでロックぽいとこもありとにかくブチ上げてくれますw
レアグルーヴA to Zにはroy porter,bernard purdieと並ぶ
レアグルーヴ界三大ドラマーの一人と書いてありました。

ドラムネタが有名なMoondialは今となっては興味がないんですが
Bacchanalがラテンフレイバーなクロスオーバーフュージョンでかっこいいんですよ。
まさにTransfusionトバされます。
先程のpaunettoにも通じる物がありますね。

この他にもCONCERTS BY THE SEAっていうライブアルバムがあるんですが
これがまためちゃヤバイです。
あともう一枚ライブアルバムが出てるらしいので
それがで聴いてみたくて探してるんですが
いっこうに見つかりません。カッコいいのかな〜
(dai_matsui)

PAUNETTO'S POINT/Bobby Paunetto (dai_matsui)

Fenway Funk/Bobby Paunetto(PATHFINDER 75')



こんばんは

暑いですね〜例年に比べると今年は夏が短いような気がしてます。
夏と言えばスティールパン、ヴァイブなんですかね〜

ヴァイブ奏者と言えばroy ayrs ,billy wooten,booby hutcherson,milt jackson,gary burton
などなどすばらしい方達がいますがそんなレジェンド達と肩をならべてもおかしくない
Bobby paunettoの作品を紹介したいと思います。

NYのディープルンバ、ラテン系のアンダーグランドで活動していた方でその流れか
American clave 〜kip hanrahan好きな方達へオススメされていることが多く
ラテンといっても一筋縄じゃない感じがコアな音楽好きな人達へオススメできると思います。
(dai_matsui)

2009/08/11

Modalcode vol.25 Live Mix



前回 8/2 Modalcode vol.26 2nd Anniversary に、
たくさんご来場いただきまして、ありがとうございました。

ゲスト陣と来場者の方々のおかげで、
2周年を盛り上がって迎えることができました。
本当にありがとうございました。
当日の Live Mix は後日アップします。

前々回 7/5 Modalcode vol.25 の Live Mix を配信開始しました。

右下のプレイヤーにて自動再生されます。
期間限定ですが、是非聴いてみて下さい。



Track List:

Ota
Dai Matsui
Piro
Teppei  (an informal party)



2009/08/02

8/2 (Sun) 2nd Anniversary




Modalcode Vol.26 2nd Anniversary

8/2 (Sun)  @ Shinjuku OTO
16:00 - 22:00   2,000/1D (w/f 1,500/1D)



[Guest DJs]


水師裕 (Sweet Memories)

Matsuzaki

UMEDA



[Resident DJs]

Yosuke Ikeda (Hal's Record)

Ota

Dai Matsui

Piro

了-Ryo-
(UnderGroove)

ZAKIM (DISC-O-TECH / SOUL KITCHEN)

teppei (an informal party)


[VJ]

Blind Orchestra